青空学園文学部 第108回

青空学園文学部 第108回

108回青空学園文学部

mail

【番組紹介】

『金曜日の放課後、私たちと一緒に、文学部活動しませんか』

ここはとある学園の文学部。

部長とその後輩だけの不思議な部活動。

この番組は、文学作品をラジオドラマ風に楽しくお届けする番組です。

みんなで一緒に文学しましょ♪

今回は、スペシャル回!!!

シスターサファイリーズさんとコラボです。

金魚わかなさん、長江里加さん、和多田美咲さんをお迎えして、ボイスドラマとフリートークをお届けします。

 

【ボイスドラマストーリー紹介】

平穏な文学部に、突如やってきた嵐ような三人組!!

その正体は、茶道部。

なんだか騒がしい三人組だけれど、文学部へやってきた目的は!??

フリートークでは、何が出るかな?のサイコロトークをお届け♪

 

【お知らせ】
毎週火曜日にweb四コマ漫画『青空学園文学部』を配信中です!
文学部の日常をのぞいちゃおう♪
漫画HP(http://limia-branks.jp/bungakubu/blog.php?id=77

【登場人物】

 

宮澤郁来(みやざわ かぐら) (cv.相葉ゆきこ)

高校二年生。文学部の立ち上げをした文学部部長。趣味は読書。

学内でかなりの美人と噂のまとだが、常に一人で本を読んでいるため、周りからは何を考えているのかわからない高嶺の花だと思われている。

ただ至って本人は、マイペースに過ごしているだけである。

森川満(もりかわ みつる) (cv.西森千豊)

高校一年生。文学部部員。素直でまっすぐで、ちょっぴりお調子者の、完璧な下僕キャラ。

美人と噂される郁来先輩と仲良くなれるかも、と思って入った文学部なので、文学作品にはそれほど興味がない。

「~っす」が口癖。

芥川桂子(あくたがわ けいこ) (cv.金魚わかな)
高校二年生。郁来とは別のクラス。茶道部部長。
父親が大企業の社長を務める、いわゆる社長令嬢。
母親は茶道の師範の資格を持っており、その影響で茶道の道に入る。
ただ茶道自体はそれほど好きではなく、親への建前上仕方なくやっている。
生まれも育ちも良いので過剰な程に自分に自信を持っているが、1番になれない事が悔しくてたまらない。

新見美並(にいみ みなみ)  (cv.長江里加)

高校二年生。桂子と同じクラス。茶道部部員。
桂子の会社の部長の娘で、年齢が同じと言う事もあり、家族ぐるみでの付き合いがあった。
何かと桂子の近くにいると楽が出来ることから、常に桂子と共に行動している。ひたすら桂子に同調する腰巾着。

北原珀藍(きたはらはくあ) (cv.和多田美咲)

高校一年生。満とは別のクラス。茶道部部員。
2
次元オタで、特に百合作品が大好き。
自分の好きなキャラと現実の女の子をダブらせて妄想するのが趣味。
青空学園に入学して、女の子しかいない茶道部に入部。
そこで青空学園のベストオブ百合カップル(珀藍主観)である桂子と美並に出会い、そこから2人とつるむ様になる。
【公式HP】
番組公式HPでは、郁来ちゃんや満くんのキャラクターイラストや番組情報が満載★
今すぐチェックしてくださいね。

番組HP【青空学園文学部HP】(http://limia-branks.jp/bungakubu/)
番組公式ツイッター @aosorabungakubu